質の高いサブカルチャー体験

秋葉原の魅力をCheck!!

質の高いサブカルチャー体験ができる秋葉原の街

質の高いサブカルチャー体験 サブカルチャーと言えば、とても幅広さのある世界ですが、そういった幅広さを一つの場所で、それも短時間で味わうことができるのが秋葉原の街です。
秋葉原の街は、他の街とは一線を画する特殊さがありますから、サブカルチャーの体験をするには、持って来いの環境が整っている街だと言えます。
例えば、電気の街、と言うのは最早言うまでもありませんが、ゲームやDVDなどのソフト、またゲームセンターなど、ゲームや映画の世界を楽しむことができる街でもあります。
そして、秋葉原と言えば忘れてはいけないのが、メイドカフェです。街にはメイドさんが姿を見せることもありますから、普通に街の中を歩いているだけでも、サブカルチャーの世界を体感することができると言えます。 こういったユニークさがあるのが、この街の良いところですが、そういった意味では、鉄道居酒屋も外せません。スタッフを乗務員と呼び、かわいらしいコスチュームで接客をしてくれますが、鉄道の車両を模したメニューがあったり、店内が電車の中のような造りになっていたり、鉄道模型が置かれているなど、鉄道好きの人にはたまらない空間となっています。
このように、さまざまな形でサブカルチャーを楽しむことができるのが秋葉原の魅力です。

サブカルチャーをコミュニティという視点で楽しむ

日本の文化のひとつとして世界に誇れるほどに成長した日本のサブカルチャー。とくに秋葉原を中心に、日本が世界に売り込める重要な観光資源にまでなっています。
この文化が近年の日本で大きく成長したのには、インターネット社会の進行が影響しています。
従来、サブカルチャー的ないわゆるオタク的文化の趣味人は、一般的な地域社会のなかにあっては、あまり同好の士がおらず、その趣味をひんぱんに一緒に楽しめる仲間が近くにはたくさんいない傾向がありました。
ところが、ネット社会は、日本中のマイナーでマニアックな趣味人を、同好の士が集まる掲示板やホームページ、SNSなどで簡単に出会えるようにしました。
これによりマイナー的なサブカル趣味も、コミュニティを形成するに至りました。
さらに、秋葉原が、多くのサブカルチャー的趣味の聖地と化し、別々の趣味のコミュニティーからなる集合体のような形になっています。
ですから、秋葉原は今や、サブカルチャーの見本市のようになっています。人とあまり関わらないと従来思われていたオタクは今や積極的に人と関わるコミュニティの住人になったのです。
そこには多くのコミュニティがあるので、ひとつだけでなく自分の趣味以外の領域にも関わってみると、より視野が開けて全体像が見えてくるかもしれません。

秋葉原に関するおすすめリンク

秋葉原で体験できるレッスンやコミュニティの紹介サイト

>>秋葉原 体験